疾患概要

関節リウマチの概要

はじめに 

関節リウマチとは、手や足の関節が腫れて痛みを生じる疾患です。女性に多い疾患で、放っておくと関節が変形して固まり動けなくなってしまいます。 

関節リウマチの患者さんは国内に70万人以上とも言われていて、決して珍しい病気ではありません。症状を理解しておき、思い当たることがあれば早期に受診することが大切です。 

症状 

関節リウマチの主な症状は、関節の腫れと痛みです。他の疾患と違って、関節を動かさなくても痛みが出ることが特徴です。 

特に腫れと痛みが出やすい関節は、手関節足関節です。症状は左右対称に現れるのも特徴です。30~50歳代女性に発症しやすく、男女比は1:4とされています。 

関節リウマチの症状の始まりとして、両方の手や足の指の関節が腫れる人が多いです。特に朝手指がこわばる症状が現れるので、パジャマのボタンが外しにくい歯ブラシが持ちにくいといったことで気がつく場合があります。 

また、関節リウマチの全身症状として、貧血倦怠感微熱といった症状が現れることも少なくありません。レイノー現象という寒い時に指先が白く変色する症状も特徴の1つです。 

関節リウマチの症状の現れ方は多様で、軽症の方も重症の方もいます。しかし、治療せずにいると症状が進行し、関節の変形や脱臼を招くこともあります。関節の変形が強くなっていくと日常生活が大きく制限されることになるので、早期からの治療が大切です。 

原因 

関節リウマチは自己免疫疾患と考えられています。自己免疫疾患とは、免疫の異常によって生じる疾患です。 

通常、免疫は外部から侵入してきた細菌やウイルスを攻撃して破壊することで体を守っています。しかし、この免疫に異常が起こると、自分の組織を攻撃してしまうことがあります。自身の組織を攻撃することで関節内に炎症が起こってしまい、痛みや腫れが発生するのだと考えられています。 

しかし、関節リウマチを発症する仕組み全てが明らかになっているわけではありません。細菌やウイルスの感染、ストレス、出産などをきっかけに発症する場合もあります。 

治療 

関節リウマチは、薬物治療が中心です。薬物を使って炎症や痛みを抑えたり、関節の破壊の進行を抑えたりすることができます。 

基本的には抗リウマチ剤非ステロイド性消炎剤を使用することになります。症状によって、ステロイド剤、免疫抑制剤、生物学的製剤といったものを使用します。また、ステロイド剤やヒアルロン酸製剤を関節内に注射することもあります。 

関節の破壊が進んだ場合には、手術を行うこともあります。膝や股関節を人工の関節に入れ替えることで、痛みを取り除いて機能を取り戻すことが可能です。 

また、薬物治療や手術と合わせて、リハビリテーションを行うことも有効です。関節の変形を防ぐ動作を身につけたり適切な運動を行うことで、日常生活への影響を最小限に抑えることができます。 

まとめ 

関節リウマチは、手や足の関節が腫れて痛みを生じる疾患です。治療せずにいると症状が進行して日常生活が大きく制限されることになります。 

関節リウマチは早期に治療を始めることで、関節の破壊が進行するのを抑えることができます。症状を理解しておくことで、早期に発見して治療を開始することが大切です。 

-疾患概要

© 2021 REHA BLOG Powered by AFFINGER5